正しい洗顔

ニキビの種類いろいろ

思春期の時に見られるのは赤ニキビがほとんどです。
これがどういうニキビかというと、毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が付き、ガッツリと繁殖してしまっているものです。
炎症を起こし、赤く腫れ上がります。

これは厄介なのが、根深いので綺麗に処理しないと跡になることもあります。
また潰そうとすると、透明の脂だけ表面に出るだけで余計に痛みが強くなり更に炎症します。
ですから絶対に潰してはいけません。

白ニキビもあります。
これは表面が白く急にポコッと盛り上がった感じになっているニキビです。
皮脂が外に出たいのですが、角質などが道を塞いでしまい外に出られなくなってしまっています。

特に痛みもありません。
治す方法は角栓を取るために優しく丁寧に洗顔することです。
刺激すると大きくなるのでこれも正しくケアして放置しましょう。

白ニキビが皮膚に出てきて参加してしまったものを黒ニキビといいます。
潰すと中から白い固まった皮脂が出てきますが、そうするとそこがポコッと穴があいた感じになるのでそれは避けるべきです。
できれば、時間をかけて綺麗に正しく洗顔することができます。
ニキビの種類はたくさんあります。
一概にいえることは皮脂のつまりが原因で正しく洗顔することがポイントになります。

このページの先頭へ