正しい洗顔

思春期ニキビの原因って?

思春期に気になるのがニキビです。
顔に出来ると学校に行きたくなくなるほど憂鬱は気分にさせられます。
多感な時期だけに、上手に治していきたいと思います。

どうして思春期ニキビができるのでしょうか。
原因は皮脂にあります。
思春期の場合、皮脂が過剰に分泌されます。

その皮脂が毛穴に詰まってしまうと問題が発生します。
それがニキビとなってしまうのです。
とりわけTゾーンにニキビができるのがまさにその理由によります。

成長ホルモンが過剰に分泌させる思春期には、その成長ホルモンが、皮脂腺を刺激します。
皮脂腺は非常に敏感で、刺激を受けると顔を守るためにたくさんの皮脂を分泌します。
皮脂がたくさん出れば出るほど詰まる確率も上がります。

それが原因となりニキビができるわけです。
そしてニキビを語る上で欠かせないのがアクネ菌です、アクネ菌は悪い菌で皮脂をどんどん食べます。
ニキビを赤く腫れ上げさせるのはこのアクネ菌の仕業なのです。

よく考えてみると、大人になるとTゾーンにニキビができる事はまずありません。
それは皮脂が詰まることが原因ではないからです。
思春期ニキビの原因は、まず、成長ホルモン、そして皮脂腺が刺激され皮脂が過剰分泌されます。
その菌を食べてアクネ菌が成長し悪さをします。

このページの先頭へ