正しい洗顔

ニキビの色素沈着を防ぐ

ニキビが非常に厄介な理由の一つに跡が残ってしまうことがあります。
クレーターのように肌がガタガタになってしまったり、もしくは黒くシミになってしまったりもします。
このシミのように残ってしまうのを色素沈着といいます。

一体、どうしてこんなことが起こるのでしょうか。
理由の一つがメラニンです。
紫外線から肌を守るために体が生成するのがメラニンですが、活性酸素が体に多く発生した時にも、このメラニンが生成されます。

ですから抗酸化作用が肌を若く保つ秘訣であるというのもうなずけます。
ニキビができると、細胞が壊れてしまいます。
これによりメラニンが処理されずに残ってしまい、それが黒くなったり茶色くなったりするのです。

しかし、この色素沈着は時間をかければ確実に薄くすることができます。
肌の組織の奥深くまでいってしまった場合は皮膚科の先生の助けが必要です。
また先ほど記したように、抗酸化作用があるものを多く摂取すれば、それが活性酸素を倒してくれ、メラニンの発生を防いでくれます。
ですからビタミンBが多く含まれる食品を摂取するなら色素沈着は防ぐことが可能です。
この色素ができる仕組みを知ることでどうやって防ぐかも知ることができるのです。

このページの先頭へ