正しい洗顔

ニキビの簡単な治し方

洗顔を変えることです。
ニキビは肌の炎症です。
ですから、乾燥など肌に刺激を与えないことが一番です。

とにかく皮脂が原因だからと洗う回数を増やしたりすると、余計に肌トラブルの原因となります。
洗顔は、朝と夜の二回とします。
皮脂は実は肌にとって必要なものなので分泌されています。

勘違いしがちですが、肌を守るために必要なものなのです。
脂があるおかげで、細菌や汚れが入ってきません。
しかし、過度な洗顔で必要な脂まで落としてしまうと、今度は顔が脂を分泌させようと反応します。

それが更なるニキビの元となります。
ですから簡単なニキビの治し方はまず、洗顔の回数を決めて、正しく洗顔することです。
洗顔料も正しく選びましょう。

もし洗顔力が強すぎると、皮膚が乾燥してしまいます。
そうすると、痒み痛みが増します。
ですからしっかりと泡立てて洗顔できます。

界面活性剤が含まれているものは基本的に肌にあまりよくありません。
洗浄力が強すぎるのです。
肌と同じ成分の弱酸性でできているものを選ぶことができます。
気になるニキビですが、ポイントは正しい洗顔と、乾燥させないことにあります。
早く治したいときこそ無理に洗顔するのではなく、潤いを意識しましょう。

このページの先頭へ