正しい洗顔

ニキビの原因と予防方法

できると思春期だろうが大人になってからだろうが、嫌な気分にさせられるのがニキビです。
決まったところに出てきたり、なぜ今日なんだというタイミングでできたりします。
ではニキビの原因は一体、何でしょうか。

それは皮脂です。
ホルモンが皮脂線を刺激します。
そうすると皮脂腺が反応し、皮脂を分泌します。

皮脂が分泌されることは何も悪くないのですが、過剰に分泌させると、それを食べる菌が繁殖します。
これがアクネ菌です。
そうすると手の付けられないところまでニキビが悪化します。

この状況を避けるにはどうすればよいのでしょうか。
ポイントは清潔に肌を保つことで菌を発生させないことです。
ハンカチを持ち歩き、汗が出たらすぐに拭きます。

肌を刺激しないように汗を吸収させます。
また汗をかいたら服を着替えるのを忘れないようにしましょう。
そして清潔さを保つという点で欠かせないのが、丁寧な洗顔です。

毎朝、夜と二回、丁寧な洗顔を行います。
過度な洗顔は皮脂腺を刺激します。
要は肌が乾燥してしまうと皮脂腺が肌を守るために皮脂を過剰に分泌します。
それがつまりを起こし、ニキビになるのです。
ですから、正しい方法で洗顔することで、ニキビを予防できます。

このページの先頭へ